11/23放送 TOKYO FM WORLD 後記


昨日のTOKYO FM WORLDは、たまたま日本にライブとプロモーションでいらしていたNYのR&Bアーティスト、Laquan Brooks(ラクアン・ブルックス)さんをゲストに迎えての放送でした。
きっとほとんどの方は彼の名前を初めて見たんじゃないかと思います。

Laquanは最近ファーストアルバム"I am Laquan"をリリースしたばかりの新人アーティストで、いわばセルフプロデュースに近いインディーアーティストです。(あまり詳しく聞けませんでしたが、おそらくアメリカでもまだそこまで有名ではないんだと思います。)

でも何故そんな彼を今回ゲストとしてこの番組にお呼びしたかと言うと、実は彼の方から番組宛に出演希望のメールが届いたからなんです。

彼によると、来日する前にウェブでTuneinアプリのTOKYO FM WORLDのチャンネルの存在を知り、それに興味を持ったので「ダメ元でコンタクトを図ってみた」とのことでした。

それって、なかなか行動に移すには勇気の要ることだなって思ったんです。

もしアーティストとして海外に行ってて、その地元のラジオ局に出させてくれないか?なんて思ったとしても「無理だよな〜無理無理。」って自分だったら諦めてたんじゃないかなって気がします。

でも、この番組はそーゆーリアルな外国の方がWelcomeだし、そんな人達から日本のリスナーさんへ何かその国について教えてもらえないかと考えていて、その趣旨と彼の行動のお陰でこうしてお互いが繋がれて、リアルなNYの話を聞けて、お互いにとって有益な時間にすることが出来て、すげー有難いことだなって感じました。

結局何事も、タイミングや人との出会いだなって、つくづく思います。

本当にピュアで、心から音楽を愛しているのが伝わってくる素敵な人でした。
一人間として、彼をリスペクトします。

Thanks for dropping by Laquan!
We'll see you again for sure.

ケリー

0コメント

  • 1000 / 1000